neurotrip

Tokyo/Frankfurt

日常

溜まった洗濯物を一気に片付ける。掃除機かけて、気になるところを拭き掃除して、気持ちもすっきり。

ベジミール練習 その1「ボンベイポテトとマッシュルームのパイ」

クミンとコリアンダーをスパイスにしたポテト、マッシュルーム、オニオンのフィリングをフィロ生地で包み、白ごまをトッピングしてオーブンへ。なかなか美味しかったけど、生地が少しドライなのが気になる。フィロがもっとパリパリしてるといい感じ。次回はブラックビーンズ入れて、フィリングを多めにして、パイ生地にオリーブオイルかバターを少し多めに塗ろう。

料理をしながら来週末のパーティーの予習。最近Joy DivisionとかDepeche Modeのような雰囲気の音楽がしっくりくる私にはグッときたミックス。インダストリアル、ダークな80'sポップが入り混じるスタイルいいな〜。RJのサウンドシステムと相性が良さそう。来週が楽しみになってきた。

soundcloud.com

 

カリームの顔をみると落ち着く。声と匂いも大好き。いつもありがとう。これからもよろしくね。

ベジタリアンミールの可能性

あっという間に日曜日。Praktikumが始まってから時間の流れが早かった。

仕事場は親切な人ばかりで楽しく、勉強になることもたくさんで刺激的。ここで働けるといいなあと思いつつ。来週あたりに上司と今後について話す予定。

職場のスタッフミールでいただく食事が毎日美味しすぎる。ほとんど毎日ベジタリアン仕様なのだけど、新鮮な素材を使っているし、様々な調理方法で野菜への大きな可能性を感じずにはいられない。イギリスのJamie Oliverのような、フランスとイタリアン、(ドイツ)、アジアが混ざったような...ヨーロッパ料理のいいとこ取りしたような独特さのある、日本ではあまり見かけない料理。とても興味深いし私も上手に作れるようになりたい。

最近食べて印象に残ったもの、自分への覚書としてここに記しておきます: ヨーグルトソースと和えたキヌア、ひよこ豆レンズ豆ナスなどの野菜サンドライトマト入りレッドカレーとバスマティライス、バジルソースと和えたベイクドポテト、山のチーズ乗せ野菜ラザニア(ナスやズッキーニなど)、ゴマ付きサクサクのペイストリーに包まれたマッシュポテト(ポルチーニ入り?)、カリカリの揚げ衣に包まれたキノコレイヤーとキドニービーンズ入りインドパコラ風、薄くスライスされた皮付きポテトレイヤーのローズマリー風味グラタンチーズのせ、 ハーリング(ニシン)、リンゴ、オニオン、ディル、ヨーグルトソース?和えサラダ

自分の誕生日に作る料理のアイデアをもらった。今のところはこんなアイデア

・ゆかりごはんと胡瓜の細巻き

・胡瓜、アボカド、ゴマの細巻き

ベジタリアン春巻き(キャベツと人参フィリング)

・ミックスサラダ

・ローストポテト 

...なんとなく少し寂しいメニュー。もう少し考えます。デザートはどうしよう。

 

ここ1週間は仕事のことなどで頭がいっぱいで、音楽を聴く余裕があまりなかった。

起床→ヨガ→ラジオ聴きながら朝/昼ごはん→少しネット→お風呂に入って本を読む→準備→仕事→帰宅→顔を洗って本を読んで寝る

今日はお風呂にゆっくり浸かりながらパックしたり、納豆ごはん食べたり、ネットサーフィンしたりする。Hueyのラジオアーカイブも聴きたいな。

パンとお米

週末から溜まっていた洗い物を片付け、部屋の掃除、買い物などを済ませるとあっという間に昼過ぎだ。一昨日からガス切れのコンロがまだ使えないので、自転車で5分の距離にある日本食デリで唐揚げと手巻き寿司一本をテイクアウェイ。家に帰って自家製味噌、出汁パック、乾燥わかめ、切ったネギなどをまぜてお湯に溶いたら即席お味噌汁の出来上がり。緑茶も入れて、一息つく。はあなんか元気が出てきた。私はパンより断然お米・麺派だ。日本にいたときはサクッと食べれる駅のホームのおにぎり屋さんや、立ち食い蕎麦屋さんなどにお世話になっていたけれど、もちろんドイツにはなく、その代わりがパン屋さんなのだ。確かにドイツのパンは安くて美味しい。パンにもたくさん種類があるが、Brotchenという小さめのパンはドイツでとてもポピュラーだと思う。Brotchenを半分に切って、バターを塗り、チーズやハム、スモークサーモンなど好きなものを乗せて食べるのは、"ご飯のお供"の感覚に似ている。屋台でカリーヴルストやソーセージを頼むと、Brotchenも一緒についてくることが多い。

ロンドンにいた頃は、朝食にライ麦のトーストをよく食べていた。バターとマーマイトを塗って、紅茶にミルクを少し入れて飲む。でも最近はトーストも滅多に食べない。パンも週末の朝ごはんに一つ食べるか食べないかくらいだ。皮肉なことにドイツに来てから、パンを食べる機会がだんだんと減っているような気がする。ヨーロッパ在住でパンが好きではない...(というと誤解を招くことになる。パンは好きだけど、少量ですぐにお腹が膨れる。かつパンより断然米派)というのは致命的かもしれない、と時々思うことがあるが、お米も麺も手に入るし、なんだかんだやれている。それでも、1個単位で買うことができる明太子のお握りや、とろろ蕎麦などがとてつもなく恋しくなる時がある。将来これがヨーロッパでサクッと食べれる日が来るのだろうか。でも、日本に帰る時のお楽しみとしておいたほうがありがたみが増していいのかもしれない。

週末と週明け

土曜日。カリームが5日間のブラジル 出張から帰ってきて、昼は一緒に買い物へ行きマルクトで軽食。夜は友人が合流し日本食屋「ひげ松」へ。唐揚げとお寿司とビールの組み合わせは最高だ。その後は友人の誕生日パーティー、レーベルPerlonのパーティー「Perlonique」、とハシゴ。Perlonの洗練されたロケーションと音楽はさすがでした。Markus Nikolaiのライブセットがミニマルなディスコでゆるく踊れてとても良かった。疲れてたので早く帰るつもりが、結局4時頃まで...。家でまた飲んで眠りについたのは多分6時くらい。次の日は私もカリームも久しぶりにかなりの二日酔いと頭痛に襲われ、踠き苦しんでました。荒れた胃に梅干しとお粥がしみた(カリームはピザ)。もう若いわけではないし二日酔いはそろそろやめたいところだけど、いつになったら学ぶのでしょう。。。Netflixで適当なものを観つつ、カリームと二人で協力し合い、何とかお互いに二日酔いを乗り切り、夜は泥のように眠った。

今日はドイツ語コース最終日。みんな手作りの食べ物を持ってきたのだけど、私はコンロの定期ガス切れと二日酔いの名残りダブルパンチで結局買った煎餅を持参...。(ドイツではガスコンロでなくIHを使う家が多いのだけど、うちでは私の拘りでガスボトルを繋げたガスコンロを使っています。ガス切れになるのがネック)。アフガニスタン出身のクラスメイト(の母)が作ったピラウが美味かった。シリア人の子手作りの柘榴入りババガヌーシュも最高だったなぁ。「Viel Glueck fuer die Zukunft!」とか言ってみんなのこれからの幸運を願って解散。やっとみんな打ち解け始めたと思ったら、あっという間に終わったなー。

明日は休み。けどプラクティクムの準備やら掃除やらですぐに時間が過ぎていきそう。今日もまだ二日酔いの名残りがあるので、風呂に入って早めに寝ることにしよう。

プラン色々

ドイツ語B2が来週月曜日で終わり、すぐにPraktikumが始まる...と思ったら次はロンドンの友達がうちに滞在、そして自分の誕生日会のオーガナイズ(こちらでは自分がホスト)。楽しみだけどいきなりこんなに色々あって大丈夫かな自分...。とりあえず今週末の友人の誕生日パーティーとPerlonパーティーの前に、できることから片付けていこう。

誕生日パーティーを開催するにあたり首を長くして待っていたもの...それはRJの来月のラインナップ。今日やっと出ましたー。これが出ないことには誕生日の日にちが決められなかったのです(当日はうちでご飯を食べて、飲んで、その後は踊りに繰り出す予定)。安定の上質ルーマニアミニマルテクノ(金曜日)か、よく知らないけどフレッシュで新しい風吹かせてるクルー(土曜日)か...。ロンドンから来る友人にも相談し(彼女とは音楽の趣味が合う)、でもまあ自分の誕生日だし好きなのにしなよーと言われ、迷いに迷った結果...土曜日に決定。最近はミニマルよりも前衛的なものやアシッドサウンドなどが気分だし、何よりParamidaを聴いてみたいというのが大きかった。それから金曜日と土曜日に友人をフランクフルト案内できるというのも決め手となりました(仮に金曜日にパーティーをしたら土曜日は二日酔いで何もする気がおきなくなるし、日曜日はどこも休みだしこの季節外は寒いのでどちらにせよ家でゆっくりすることになると思う)。でもパーティー以上に友達に会えるのが楽しみ!

soundcloud.com

 

ハンブルク

今日は音楽を聴きたいけど何を聴けばいいのかわからず、久しぶりにドイツのテレビ局ARDのTagesschauを聴いた(観た)。ドイツ語の模擬試験で久しぶりに使っていない脳の部分を動かしたから頭が混乱したのかもしれない。その後も何を聴いてもなぜかしっくりしない...何時間か経過して、ふと頭に浮かんだのが「DJ Koze」。これだ。

DJ Kozeが出身のハンブルクは2018年9月に一度行ったきりだけど、私の中でドイツで一番住みたい街ナンバーワンになるほど好きになった。問題もあるかもしれないけど、そこら中にあるおもしろいグラフィティアートは街の個性として馴染んでいて、レコード屋さん、美味しいお店や素敵なマルクト、面白そうなパーティーシーンもある。街が広くて人も穏やかでした。絶対また行きたい!

f:id:neurotrip:20200115043745j:plain

f:id:neurotrip:20200115044054j:plain

f:id:neurotrip:20200115042506j:plain

f:id:neurotrip:20200115042707j:plain

f:id:neurotrip:20200115042702j:plain

f:id:neurotrip:20200115042731j:plain

f:id:neurotrip:20200115042740j:plain

f:id:neurotrip:20200115042841j:plain

f:id:neurotrip:20200115042846j:plain

f:id:neurotrip:20200115042906j:plain

f:id:neurotrip:20200115044521j:plain

f:id:neurotrip:20200115043249j:plain

f:id:neurotrip:20200115043310j:plain

f:id:neurotrip:20200115043329j:plain

f:id:neurotrip:20200115043532j:plain

f:id:neurotrip:20200115043548j:plain

Hamburg, September 2018

 

月曜日

朝起きてTwitter#新宿占拠0112 #OccupyShinjuku0112 #0112新宿プロテストレイヴの映像を見て感動。日本もまだまだ捨てたもんじゃない。東京にいたら参加したかったな。私もできることから行動するよう心がけよう。朝からパワーをもらいました。

Urlaubを経て、今日からまたドイツ語B2コースが始まった。ドイツ人とばかり話してるとたまに孤立を感じることもあるけど、クラスメイトは同じレベルのドイツ語で安心する。授業のほか、冬休みは何してたの〜とか、なぜか結婚式の話、今年の目標などについて話しました。ブラジル人のクラスメイトの女の子がSilvester(大晦日)はマイン川の近くにみんなで行って花火を見てたんだけど、道路に落ちている花火のゴミが酷かったから酔っ払ってゴミ拾いしてた〜(笑)、と言っていて、なんて優しい子なんだ...!と思いました。大晦日の花火はドイツで“伝統”のようになっているけど、その後のゴミがひどい。みんなやるだけやって片付けないんかね...と私はこのまえカリームに愚痴っていたので、彼女の話を聞いて何だか温かい気持ちになりました。一人一人がゴミを拾えば綺麗になるってシンプルなことなのになぁ。

 

本日の一曲は朝の映像で流れててグッときたProdigyのこちらの曲です

Voodoo People (Pendulum Mix)

Voodoo People (Pendulum Mix)

  • provided courtesy of iTunes